夏に訪れたい場所

北欧日本から遠く何千キロも離れた、北欧は世界中の旅行者が憧れる地です。その大いなる自然は、地球が創造した素晴らしい景色を堪能できる場所です。「サーメの魂」と言われる「オーロラ」は北緯65から70度のオーロラオーバルと呼ばれる帯の中で発生し、北欧の冬の見どころです。しかし、北欧の良さは、夏も存分に堪能出来ます。はるか昔に形成されたフィヨルドは、大自然の絶景が幾重にも広がり圧巻です。緑の森や湖は光り輝き、北極圏を北上すれば、白夜が続き、時間の感覚を忘れてしまいます。そのような大自然を堪能できる反面、近代的な建物も多くあり北欧デザインとして、家具やインテリア、雑貨などは、世界中の多くの人を魅了して親しまれています。

北欧諸国とは

北欧私たちが北欧と呼ぶ、北ヨーロッパは、北欧理事会のメンバーの中に、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、アイスランドの5ケ国に、オーランド諸島(フィンランド領)、 フェロー諸島、グリーンランド(デンマーク領)、の3自治領が含まれています。今回はそのうちのデンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドをご紹介したいと思います。その4ケ国も、広大なエリアであり、旅行日数や移動手段、観光目的によってプランニングは様々です。フィヨルドをクルージングで巡り、北上した先には、真夜中の太陽が見られる。そんなコースもお勧めですし、寝台列車の「サンタクロースエクスプレス」に乗って、サンタクロースの住む村へ出掛ける。夢のあるコースもお勧めですし、中世ヨーロッパを色濃く残す古城巡りコースに、童話とレゴブロックで童心にかえる。おとぎのコースなど、様々な顔を持つ魅力的な北欧の虜になるのは間違いないでしょう。また、移動手段は事前に予約しておくことをお勧めします。人気の列車やフェリー、飛行機などは、現地手配では満席の状況が多く予定を狂わせてしまいます。事前準備しておきましよう。支払いは、完全なクレジットカード社会なのでカードを持って行きましょう。物価が高いと言われる北欧ですが、確かに高く、安めのレストランでの夕食でも、3500円くらい掛かります。多少の出費を覚悟しましょう。その他、旅行に関する情報は事前に調べて、さあ出掛けましょう。

アスタキサンチンについてのWebサイト
効果や効能、食品情報などについて

トランク Trunq Cafe Diningのグルメ情報はこちら